忍者ブログ
[1]  [2]  [3
当サイトでは、社長・オーナー・経営者様を対象に、取材形式のインタビューの模様を掲載します。
レポート情報を掲載希望という社長・オーナー・経営者様は、お気軽にご連絡下さい。
メールはこちらです。
PR

当サイトでは、社長・オーナー・経営者様を対象に、取材形式のインタビューの模様を掲載します。
レポート情報を掲載希望という社長・オーナー・経営者様は、お気軽にご連絡下さい。
メールはこちらです。
当サイトでは、社長・オーナー・経営者様を対象に、取材形式のインタビューの模様を掲載します。レポート情報を掲載希望という社長・オーナー・経営者様は、お気軽にご連絡下さい。
メールはこちらです。
当サイトでは、社長・オーナー・経営者様を対象に、取材形式のインタビューの模様を掲載します。
レポート情報を掲載希望という社長・オーナー・経営者様は、お気軽にご連絡下さい。
メールはこちらです。


 
石川土地家屋調査士・行政書士事務所 
 石川土地家屋調査士・行政書士事務所

 〒123-0842
 東京都足立区栗原一丁目14番15号
 TEL 03-3850-8404/FAX 03-3850-8404




 業務案内

Q.普段はどのような業務を中心に行っているのか?
A. 土地家屋調査士の業務としては、戸建住宅に関する新築や取毀、地目変更登記などが多く、また最近の傾向として、二世帯住宅(区分建物)の登記や建物の増築等に関するもの等を中心に行なっております。また相続や売買等に絡むもので、実際には何十年も前に家を建てたが実は登記が無かった、という方の建物登記の依頼は結構あります。土地に関する業務としては、所有する土地を売却したいといった場合や、お隣との土地の境界が判らない、といったお客様のための土地の調査・測量、及び境界確定作業等です。行政書士の業務としては、建設業関係の新規許可・更新、解体工事業及び産業廃棄物許可や運送業関係の許可等の許認可業務を主に取扱っています。また最近は女性行政書士ということもあってか、離婚を考えているというお客様からのご依頼を多くいただいております。内容証明から始まり、離婚協議書作成及び公正証書にする場合の原案考案と・・・。私どもも勉強させていただきながら、色々な業務をさせて頂いております。



石川土地家屋調査士・行政書士事務所 


 仕事を行う上で心掛けている事

Q.お仕事に対して大切にしていらっしゃること・お客様に接する上で心がけていることは何か?
A. 私どもの業務は、お客様の大切な不動産を扱ったり、権利や財産に関わる、とても責任ある仕事です。その為、書類一枚ごとに細心の注意を払って取組んでおります。また、ご依頼をして下さるお客様にとっては、私たちの業務で使用する用語や言葉はとても分かり辛かったり、聞き慣れなくて不安に感じてしまう事があると思います。私共としては一つ一つの説明を、ゆっくりと噛み砕いて、ご理解戴けて不安を取り除けるまで何度でもご説明を差し上げる様、心掛けてお話をさせて頂いております。そんな事も有ってか、以前お世話になったお客様からお手紙を頂いたり、お電話で「元気かい?また、お茶でものみに来てよ!」といった感じで、業務終了後も引続き懇意にして下さる方も多数いらっしゃいます。そんな関係からまた口利きで仕事の依頼を頂いたりと、感謝ですね。

 
石川土地家屋調査士・行政書士事務所 

 皆様に一言

Q.このレポートをご覧になって頂く皆さんにメッセージ。
A. 私どもでは、単に業務をこなす事が仕事であるとは思っておりません。ご依頼くださる方々は、分からない事だらけで“不安を抱えている”という事も少なくありません。ですから、まずは“ゆっくり”と、色々な話を聞きだしてさし上げる、それから状況・内容を整理し、お客様が何を望んでいるのか、何を必要としているのか導き出す、というスタンスで取り組んでおります。私どもでは、いつでもご相談をお待ちしております。お気軽に、ささいな事であってもご連絡下さい。
当サイトでは、社長・オーナー・経営者様を対象に、取材形式のインタビューの模様を掲載します。
レポート情報を掲載希望という社長・オーナー・経営者様は、お気軽にご連絡下さい。
メールはこちらです。


 
石川土地家屋調査士・行政書士事務所 
 石川土地家屋調査士・行政書士事務所

 〒123-0842
 東京都足立区栗原一丁目14番15号
 TEL 03-3850-8404/FAX 03-3850-8404




 業務案内

Q.普段はどのような業務を中心に行っているのか?
A. 土地家屋調査士の業務としては、戸建住宅に関する新築や取毀、地目変更登記などが多く、また最近の傾向として、二世帯住宅(区分建物)の登記や建物の増築等に関するもの等を中心に行なっております。また相続や売買等に絡むもので、実際には何十年も前に家を建てたが実は登記が無かった、という方の建物登記の依頼は結構あります。土地に関する業務としては、所有する土地を売却したいといった場合や、お隣との土地の境界が判らない、といったお客様のための土地の調査・測量、及び境界確定作業等です。行政書士の業務としては、建設業関係の新規許可・更新、解体工事業及び産業廃棄物許可や運送業関係の許可等の許認可業務を主に取扱っています。また最近は女性行政書士ということもあってか、離婚を考えているというお客様からのご依頼を多くいただいております。内容証明から始まり、離婚協議書作成及び公正証書にする場合の原案考案と・・・。私どもも勉強させていただきながら、色々な業務をさせて頂いております。



石川土地家屋調査士・行政書士事務所 


 仕事を行う上で心掛けている事

Q.お仕事に対して大切にしていらっしゃること・お客様に接する上で心がけていることは何か?
A. 私どもの業務は、お客様の大切な不動産を扱ったり、権利や財産に関わる、とても責任ある仕事です。その為、書類一枚ごとに細心の注意を払って取組んでおります。また、ご依頼をして下さるお客様にとっては、私たちの業務で使用する用語や言葉はとても分かり辛かったり、聞き慣れなくて不安に感じてしまう事があると思います。私共としては一つ一つの説明を、ゆっくりと噛み砕いて、ご理解戴けて不安を取り除けるまで何度でもご説明を差し上げる様、心掛けてお話をさせて頂いております。そんな事も有ってか、以前お世話になったお客様からお手紙を頂いたり、お電話で「元気かい?また、お茶でものみに来てよ!」といった感じで、業務終了後も引続き懇意にして下さる方も多数いらっしゃいます。そんな関係からまた口利きで仕事の依頼を頂いたりと、感謝ですね。

 
石川土地家屋調査士・行政書士事務所 

 皆様に一言

Q.このレポートをご覧になって頂く皆さんにメッセージ。
A. 私どもでは、単に業務をこなす事が仕事であるとは思っておりません。ご依頼くださる方々は、分からない事だらけで“不安を抱えている”という事も少なくありません。ですから、まずは“ゆっくり”と、色々な話を聞きだしてさし上げる、それから状況・内容を整理し、お客様が何を望んでいるのか、何を必要としているのか導き出す、というスタンスで取り組んでおります。私どもでは、いつでもご相談をお待ちしております。お気軽に、ささいな事であってもご連絡下さい。
<< 前のページ
リンク
フリーエリア
プロフィール
HN:
石川温彦/石川土地家屋調査士・行政書士事務所
性別:
非公開
バーコード
忍者ブログ [PR]